ダイエーの株を買おう

ダイエーは全国にスーパーマーケットを展開している会社です。
かつては日本で初めてショッピングセンターを導入し、価格破壊を推進してきた会社としても知られていますが、2013年に丸紅が所有する株式をイオンが株式公開買付し、現在はイオンの子会社となっています。

ダイエーは東証1部に上場し、2月末日決算、単元株数は50株です。 「ダイエーの株を買おう」の続きを読む…

ハニーズの株を買おう

ハニーズは10代から40代の女性向けのファッション服を製造、販売している会社です。

高品質で高感度、リーズナブルなお値段が揃ったヤングカジュアルに最適なコンセプトで事業を展開しています。 郊外型ショッピングセンターや地下街、百貨店などに出店し、日本各地や海外へと販路を拡大しています。

ハニーズは東証1部に上場しており、5月末日決算、単元株数は10株です。 「ハニーズの株を買おう」の続きを読む…

イオンの株を買って株主優待やオーナーズカードをもらおう

イオンはスーパーなどの小売業を営むイオングループを統括している純粋持株会社です。
郊外型の大型ショッピングセンターを中心に全国各地に出店をしており、営業収益は小売業の中でもトップクラスの5兆6853億円を達成しています。(2013年度2月期)

イオンは小売店のイメージがあるかもしれませんが、実は日本国内外にある180余の企業で構成されるグループ会社を統轄する大手の流通グループです。お客様のことを第一にした理念を元にしてより良い暮らしを提供するために貢献する努力を続けています。英会話のイーオン(AEON)と混同されることが多いですが別会社です。 「イオンの株を買って株主優待やオーナーズカードをもらおう」の続きを読む…

マルエツの株を買おう

マルエツは首都圏でスーパーマーケットを展開している会社です。

日本国内では店舗数、売上高、利益が最大規模を誇っており、毎日60万人もの方が利用していると言われています。 主力店舗であるマルエツは24時間営業店や10時から21時までなど店舗によって様々な営業時間で運営されています。

マルエツは東証1部に上場し、決算は2月末日、単元株数1000株となっています。 「マルエツの株を買おう」の続きを読む…

エイチ・ツー・オー リテイリング(阪急・阪神百貨店など)の株を買おう

エイチ・ツー・オー リテイリングは阪急百貨店と阪神百貨店が経営統合して誕生した阪急阪神百貨店の百貨店事業を運営している会社です。

阪急オアシス、阪急ファミリーストアのスーパーマーケット事業を展開する阪食、ホテル経営やショッピングセンター運営などを行っているPM事業を手がける大井開発と阪急商業開発、旬工房・阪急キッチンエール(個別宅配)や阪急ジョブエール(人材派遣)、阪急友の会・阪神みどり会(特典付き積立金制度)、阪急阪神百貨店ほけん(保険代理店)などの関連事業を担うその他の子会社がグループを形成しています。

エイチ・ツー・オー リテイリングは東証1部に上場しており、3月末日決算、単元株数1000株です。 「エイチ・ツー・オー リテイリング(阪急・阪神百貨店など)の株を買おう」の続きを読む…

松屋(デパート)の株を買おう

松屋は銀座と浅草に店舗がある老舗百貨店です。牛丼チェーン店の松屋と混同されますが、そちらは株式会社松屋フーズで、株式会社松屋はこちらの百貨店の松屋の会社になります。

松屋は元々は呉服店として創業された流れで百貨店を経営し、複数の店舗が閉店された後に現在の2店舗体制になっています。
歴史のある百貨店として根強い人気を誇っており、特に銀座本店に関しては銀座三越との首位争いが激しいことでも有名です。

松屋は東証1部に上場しており、2月末日決算、単元株数100株となっています。 「松屋(デパート)の株を買おう」の続きを読む…

丸井グループの株を買おう

丸井グループは関東を中心に全国に24店舗の丸井店舗を運営している持株会社です。

丸井での小売業だけでなく、色々な業種のサービスを展開しています。小売だけでなくフィンテック事業(クレジットカード・家賃保証・IT・システム開発など)があり、グループ企業としてカード事業のエポスカード、債権回収事業のエムアールアイ債権回収などがあります。

丸井グループは東証1部に上場しており、決算は3月末日、単元株数は100株となります。 「丸井グループの株を買おう」の続きを読む…

高島屋の株を買おう

高島屋は国内でも歴史のある老舗百貨店として知られており、大阪や東京を中心の主要都市に出店している百貨店です。

他社の百貨店では経営統合によって再編されている店舗が多い中で、他社との業務提携に留まり現在でも独立して経営を続けています。 国内には20店舗、海外に3店舗を有しており、幅広い顧客層から支持を得ています。(2013年11月15日時点)

高島屋は東証1部に上場しており、2月末日決算、単元株数1000株となっています。 「高島屋の株を買おう」の続きを読む…

三越伊勢丹ホールディングスの株を買おう

三越伊勢丹ホールディングスは全国でトップクラスの百貨店運営を行っている2008年に設立された会社です。

グループ企業には日本全国各地の三越、伊勢丹系百貨店や海外の三越、伊勢丹などがあります。 全国の主要都市に出店し、海外への出店して成功していることから売上高も日本で首位を獲得しています。

三越伊勢丹ホールディングスは東証1部、福証に上場しており、3月末日決算、単元株数が100株となっています。 「三越伊勢丹ホールディングスの株を買おう」の続きを読む…

J.フロント リテイリング(大丸・松坂屋など)の株を買おう

J.フロント リテイリングは、百貨店大手の大丸と松坂屋が経営統合して2007年に設立された会社です。

グループ企業には百貨店事業の他にパルコ、卸売事業の大丸興産、クレジット事業のJFRカード、その他の事業で人材派遣のディンプルや通信販売のJFRオンラインなどがあり、百貨店事業を中心として様々な分野の小売事業を取り扱っています。

特に百貨店事業に関してはグループ全体の売上の中で66%も占めています。

J.フロント リテイリングは東証1部と名証1部に上場しており、決算は2月末日、単元株数は1000株となっています。 「J.フロント リテイリング(大丸・松坂屋など)の株を買おう」の続きを読む…