株式の税金:所得税はとられるの?

株式で配当金や売買により利益を得た場合、税金の支払いが必要になります。売買益では所得税が15%、住民税5%がさらに加わり全部で20%ほどが税金で取られる事になります。株の配当金に関しても同様で利益の20%ほど税金を支払う仕組みになっています。

株式の利益が20万円以下なら税金は支払わない

株式の税金は一時軽減されている時期がありましたが、今は一律20%となっています。ただ株の場合も利益が年間20万円以上でなければ確定申告の際に申告の義務はありませんので、税金の支払いもない事になります。とはいえ申告してはいけないわけでない為、申告した場合利益に応じた税金が請求されます。

申告していない場合まれに税務署から問い合わせがくる場合がありますので、取引の明細など所得税の時効条件となる5年分位は保管しておきましょう。

忘れた頃のタイミングで税務署は来る場合もありますので、証明できる書類はきちんと保管しておくことが大切です。証明できない場合税金が請求されてしまう場合もあります。

NISAなら株式で20万円以上の利益が出ても税金が取られない

株式で得た利益は税金がかかりますが、NISA口座からの株式購入を行った場合100万円分購入まで無税となっています。その為NISA口座を活用する事で税金を減らす事が出来ます。

この税金に関しては投資信託でも同様であり、NISAから購入した投資信託も無税とする事が出来ます。とはいえ年間100万円分購入までとなっていますので、購入株や投資信託は厳選する必要があります。

一度購入してしまえば、その分のNISA口座分は使ったものとなってしまいますので、NISA口座で取引を行う場合は中期から長期の株保有を想定した方が良いでしょう。株式にかかる税率に関しては国内の株も外国の株、上場、非上場を問わずに同様になっていますのでわかりやすい数字となっています。

また株の売買において損失があった場合翌年以後3年間利益から損失額を控除する事が出来ますので、税金の支払いを考える際はその点も抑えておきましょう。

   にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ   ブログランキング
2016年2月1日 株式の税金:所得税はとられるの? はコメントを受け付けていません。 株のはじめ方の知識