投資信託での運用利回りの考え方

投資信託は利回りが高いと言われています。しかし、運用利回りは売却又は償還日を迎えた時に、どれだけ利益が出ていたかで結果が変わります。

固定金利の金融商品とは違い、毎年決まった成果が得られるとは限りません。そのため募集時の内容から、投資信託の良し悪しを決めつけないようにしましょう。

分配金から運用利回りを考える

投資信託を保有していると、分配金が支払われます。例えば募集開始時の値段が1口10,000円の商品を、10年間保有すると決めて購入したとします。

「投資信託での運用利回りの考え方」の続きを読む…

投資信託の買いどきはどのデータで判断するの?

投資信託から得られる利益は配当だけではありません。基準価額と呼ばれる、購入商品そのものの値段からも差益が狙える金融商品となります。株式投資における株価と同じ意味だと捉えれば分かりやすいはずです。

そのため、どれだけ高配当な投資信託を見つけたとしても、買いどきを間違えてしまうと将来的な利益も目減りしてしまいます。タイミングを見計らって購入をしましょう。

投資信託の買いどきはいつなのか

投資信託によって、買い時が存在するものと存在しないものがあります。購入する投資信託がインデックスファンドであり、さらに特定の金融商品を投資対象としていれば、該当する指数を見ることで流れは読み取れます。

「投資信託の買いどきはどのデータで判断するの?」の続きを読む…

投資信託為替ヘッジに注目して商品を購入しよう

国内の株式を投資対象としている投資信託は、運用会社が円を使って金融商品の買い付けを行っています。ところがアメリカ株式のみを投資対象としていれば、円では取引ができません。

一旦、円をドルに両替してから、ドルでアメリカ株式を購入するという手順を踏んでいるのです。投資先がヨーロッパの債権なら、ユーロ建てで債券を保有することになります。そこで注目すべきが、為替ヘッジ付きの投資信託です。

為替ヘッジありなしの投資信託とは

為替ヘッジ付きの投資信託とは、簡単に言うと為替の影響を受けるか受けないかということです。為替ヘッジありの場合、購入した投資信託は為替の影響を受けません。つまり為替ヘッジなしのタイプを選ぶと、為替変動によっても損益が発生します。

「投資信託為替ヘッジに注目して商品を購入しよう」の続きを読む…

投資信託の初心者が行うべき勉強法

株式やFXなら、初心者向けにバーチャルトレードというツールが用意されています。損失が発生してもお金はかかりませんので、投資への恐怖心を拭うには最適です。

ただし投資信託は頻繁に売買を繰り返すような商品ではないため、バーチャルトレードができるサイトの数も極端に少ないと言えます。また大半の投資信託は値動きが緩やかですので、バーチャルトレードから得られることも限られてしまいます。

それでは投資信託初心者の人は、どういった勉強法から始めていくべきなのでしょうか。

「投資信託の初心者が行うべき勉強法」の続きを読む…

投資信託解約時期を見極めて利益を増やそう

金融商品の取引で最も難しいこと、それは売り時です。もう少し基準価額が値上がりしてくれたら、利益が100万円になるので保有しておこう。

そう決めた矢先にベンチマークが下がり始めて売り時を逃してしまう、これは誰にでも起こり得る、投資の世界のあるある話と言えるでしょう。時には売った値段が基準価額の最安値というケースもありますので、投資信託を解約するなら自分なりのルールを設けておくべきです。

投資目標を決めてから投資信託を買う

商品先物やFXと比べて、投資信託は短期間で資産が倍以上になる、投機性の強い金融商品ではありません。主に中長期で利益を重ねていく商品なのですから、大半の人が儲ける以外の理由から投資信託を購入しているはずです。

「投資信託解約時期を見極めて利益を増やそう」の続きを読む…

投資信託利回りを見て商品を選ぼう

投資信託を販売している証券会社や銀行のホームページにアクセスすると、利回りをランキング化したデータが掲載されています。上から順に目を通していくと、年間利回りが20%を超えているものもあります。

リターンが20%ということは、1年前に100万円分、購入していたら、現在の価値は120万円になっているということです。

分配金が高かったのか、基準価額の値上がり幅が大きかったのか、どちらも素晴らしい運用成績であったのかは商品によって様々です。おそらく表示されているリターン率のみを見て、購入を決めてしまう人も多いのではないでしょうか。

「投資信託利回りを見て商品を選ぼう」の続きを読む…

投資信託のリターン率の上手な見方

リターン率とは、期間収益率や一定期間における騰落率を意味する言葉です。数値が高ければ、その投資信託の価値も高いということになります。購入する投資信託が決まらない時は、過去のデータからリターン率を見て判断しましょう。

チャートからリターン率を簡単に探る方法

リターン率をシンプルな方法で知りたいのなら、投資信託ごとに設定されている基準価額に注目してください。投資信託の名称をインターネット検索すれば、基準価額と一緒にチャートが表示されます。

「投資信託のリターン率の上手な見方」の続きを読む…

素人から始める投資信託の運用ポイント

購入できる投資信託の数は、年度によって3,000本から5,000本もあります。ネットを使えば人気商品や分配金利回りを絞り込むこともできますが、それでも初心者にとっては数が多いはずです。

では、どのようなことに気をつけて投資信託の運用を始めると、素人の方でも失敗せずに済むのでしょうか。素人ならではのポイントを押さえながら、大切な資産を増やしてください。

リスク許容度と目的から投資信託を選ぶ

投資信託の中には、年間利回りが10%を超える商品があります。100万円分、購入すれば、1年間で10万円もの儲けが発生することになります。

「素人から始める投資信託の運用ポイント」の続きを読む…