マツダの株を買おう

マツダは国内の自動車メーカーで、エンジンとデザインに特徴があります。
かつては世界でたった1社だけロータリーエンジンを開発し採用していましたが、現在は新車に採用されていません。
ただ今後はまた復活させるとも噂されていますので、根強いファンは待ち望んでいることと思われます。

マツダは東証1部に上場、3月末日決算、単元株数1000株になっています。

マツダの株価

マツダの株価は証券会社やYahoo!ファイナンス等で確認できます。マツダの株価コードは「7261」です。

マツダの株主優待

マツダは株主優待制度がありません。(2013年11月15日時点)

マツダの人気車種

マツダの車は他社には見られないデザイン性の高さも非常に魅力的で、イメージとしてはマツダといえばスポーティーと思われるほど「カッコイイ」と誰もが思う洗練された車種が数多く販売されています。

2人乗りのスポーツカーの「ロードスター」、ミニバンの「MPV」「プレマシー」、コンパクトカーの「ベリーサ」「デミオ」などが主な人気車種となっています。

マツダの環境保全に対する取り組み

CO2を多く排出させる自動車を製造販売しているメーカーとして、環境保全に対する取り組みは緊急課題であると考えており積極的に取り組んでいます。

マツダのベースとなる「SKYACTIV技術」は、エンジンやトランスミッションの自動車の基本性能を高めて軽量化などの改善を実施しています。
人気車種でもあるデミオをベースに開発した電気自動車の「デミオEV」を販売開始し、走行性能だけでなく快適な室内空間、荷室容量を実現させています。

生産の現場でも積極的にCO2の削減に取り組み、2012年度には国内の主要拠点における総排出量は1990年度に比べると約51%も削減させています。
徹底的にロスをなくし、集中生産をして設備での効率化を推進したことが功を奏したと考えられています。

大気汚染を防止するために燃料を重油から都市ガスに変更させたり、水資源を大切にするために排水の浄化をし、雨水を貯水して有効利用するなどの取り組みを行っています。
地道な努力を重ねることが結果的に環境保全に繋がっています。

マツダ関連サイト

人気車種など関連情報

シェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

   にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ   ブログランキング
2013年12月4日 マツダの株を買おう はコメントを受け付けていません。 自動車関連銘柄