資生堂の株を買おう

資生堂は日本国内でトップシェアを誇る化粧品メーカーです。
世界的にも有名な化粧品ブランドとして知られており、今後もグローバルなブランド戦略が見込まれています。

資生堂は東証1部に上場しており、3月末日決算、単元株数100株となります。

資生堂の株価

資生堂の株価は証券会社やYahoo!ファイナンス等で確認できます。資生堂の株価コードは「4911」です。

資生堂の株主優待

資生堂の単元株数は100株となっており、1000株以上を1年を超えて保有している株主には株主優待があります。 2013年3月31日現在では資生堂グループの世界観をご紹介する株主読本とその中で紹介した自社グループ製品の付録が付いています。

2013年の株主優待では、資生堂パーラーのカレーのコース仕立て特製セットとしてビーフカレー、コンソメスープ、プリンが各2人前、オリジナルレギュラーコーヒーが送られてきました。

2014年以降も同じような趣向で株主優待が届くことになると思われますので、何が届くのかとても楽しみです。

日本ならではの高い品質でグローバル展開

日本だけでなく、中国や台湾、ベトナム、アメリカ、ヨーロッパなどに工場や研究所があり、日々新製品の開発や生産が行われて消費者の元へと届けられています。
製品の原料にもこだわりがあり、高い安全性を確保するために何度も肌への刺激性などを確かめて製品化しています。
消費者のことをきちんと考えた商品を送り出しているからこそ、資生堂の化粧品は世界中で多くの方から支持されるブランドとなっています。

資生堂の取り扱っている商品は一般女性向けの化粧品、ヘアサロンやエステ向けのプロフェッショナル向け製品、美容食品や医薬品などのヘルスケア商品などを手がけています。
これらの商品販売だけでなく、これまで培ってきた研究の成果を独自の技術として世界各地に提供しています。

例えば日本初となる発酵培養法によるヒアルロン酸の製造に成功したことで、それまでは非常に高価で貴重な化粧品材料だったヒアルロン酸を幅広い商品に活用することができるようになっています。

また資生堂は100年以上前に創業を開始した資生堂パーラーをはじめとするレストラン事業も行っており、日本の食文化を発展させる役割も担っています。
他には美容師などを育成する専門学校や皮膚科クリニックなど様々な分野で事業を展開しています。

資生堂関連サイト

商品やサービス、店舗一覧等

シェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

   にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ   ブログランキング