ソフトバンク(softbank)の株を買おう

ソフトバンクは、日本での携帯電話などの無線通信サービスを提供している会社になります。
日本では大手の移動体通信事業社でもあり、正式にはソフトバンクモバイル株式会社と言います。 ブランド名としてはSoftBankとなります。

ソフトバンクと言えば孫正義社長が有名です。孫社長が好きだからソフトバンク株や関連のヤフーの株を昔から持っていたという方は多く、昔からソフトバンク株やヤフー株を持っていた方はかなり株価が上がり、個人で億単位で儲けた人もいます。

孫社長はtwitterで「やりましょう」「検討します」「できました」とつぶやいた案件への対応状況を公式サイト上で公開するなど、次々と新しいことを取り入れ、ユーザーに対しても誠実で非常に人気がありますね。(参考:「やりましょう」進捗状況

ソフトバンク(softbank)の株価

ソフトバンクの株価は証券会社やYahoo!ファイナンス等で確認できます。
ソフトバンク(softbank)の株価コードは「9984」です。

ソフトバンク(softbank)の株主優待

2013年10月15日時点でソフトバンクの株主優待としては、ソフトバンクグループが提供しているサービスの割引を受けることができるものがあります。

100株以上、株を保有していることでソフトバンク携帯電話株主優待と、Yahoo!BB株主優待を受けることが出来ます。

ソフトバンク携帯電話株主優待の場合は、ホワイトプランの基本使用料金が6ヶ月間無料になり、Yahoo!BBの場合は、ADSL、ブロードバンドADSL、フレッツ、などを6ヶ月間優待割引になる、と言った内容となります。(2013年10月15日時点の情報です。最新情報は公式サイトの株主優待のページ参照)

複雑なソフトバンクの成り立ち

ソフトバンクの起源としては、日本国有鉄道、いわゆる国鉄が分割民営化されるのに先立った1986年に国鉄の鉄道電話事業を継承することを目的として設立された鉄道通信株式会社になります。

その後、設立された日本テレコムと合併することで、新たな日本テレコムとなりました。
この日本テレコムが1991年に、関東甲信越地方と東海地方、近畿地方を管轄とするデジタルホンを設立。
その後、ツーカーと共同で前述の地域以外の地域を管轄するデジタルツーカーが無線通信サービスを開始しました。

1997年にはデジタルホン、デジタルツーカーの共通ブランドとしてJ-PHONEを設立しました。
J-PHONEのカメラ付き携帯電話のキャンペーンの1つとして写メールが大ヒットしています。
J-PHONEはその後、イギリスの携帯電話事業会社であるボーダフォンの傘下となり、2006年になってソフトバンクグループが買収、社名をソフトバンクモバイル株式会社と変更しました。

魅力的なsoftbankの料金プラン

ソフトバンクの特徴としては、ホワイトプラン、ホワイト家族24などのような無料プランがあることで、人気が高くなっており、市場占有率は3位となっています。

また、iPhoneなど先駆けて販売したことからも人気の一因となっていると言えます。

ソフトバンク(softbank)の関連サイト

有名な商品やサービス、店舗一覧等のページ

  • モバイル ・・・ソフトバンク関連のモバイル製品ページ
  • プロバイダ ・・・Yahoo!BB関連の公式ページ
  • PHS事業 ・・・株式会社ウィルコム公式ページ
  • 動画配信 ・・・インターネットを利用したコンテンツの配信
  • FX事業 ・・・外国為替証拠金取引事業
  • アフィリエイト ・・・ASP事業のバリューコマース
  • レンタルサーバ ・・・レンタルサーバやドメイン事業
  • プロ野球 ・・・福岡ソフトバンクホークスの保有・運営
  • 貿易支援 ・・・BtoBおよびBtoCの貿易支援サイト
  • 電力事業 ・・・自然エネルギー発電に係る設備の設置・運用

シェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

   にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ   ブログランキング
2013年10月28日 ソフトバンク(softbank)の株を買おう はコメントを受け付けていません。 初心者に人気の大企業