楽天の株を買おう

楽天は楽天ショップや楽天ブックス、楽天トラベル、楽天銀行や楽天カード、楽天スーパーポイントなどで有名なインターネット総合サービスを提供している会社です。

ネット証券会社の楽天証券もありますね。

基本的に、楽天が行っているサービスを利用するには、楽天グループの会員になる必要があり、会員には無料で登録することが出来ます。

楽天の株価

楽天の株価は証券会社やYahoo!ファイナンス等で確認できます。
楽天の株価コードは「4755」です。

2018年8月の株価は750円~850円の間くらいで推移していたので、楽天の株は10万円以下で買える株ですね。(楽天は単元が100株なので、「株価×100」が楽天の株の購入に必要な資金です)

楽天の株主優待

楽天の株主優待は年1回、12月が権利月で100株以上保有の株主がもらえます。

  • 楽天市場のクーポン800円相当(200円×4枚)
  • 楽天トラベルの国内宿泊クーポン2000円相当
  • 楽天Kobo対象期間中の電子書籍コンテンツ購入のポイント3倍
  • (抽選)株主様限定楽天イーグルスグッズ
  • 楽天イーグルス主催公式戦観戦チケットが優待価格
  • (抽選)株主様限定ヴィッセル神戸グッズ
  • ヴィッセル神戸主催公式戦観戦チケットが優待価格
  • (抽選)株主様限定FCバルセロナグッズをプレゼント
  • (抽選)株主様限定ゴールデンステート・ウォリアーズグッズをプレゼント
  • ※楽天証券の口座で楽天株式を保有する株主限定
    楽天証券における当社株式購入手数料30%ポイント還元
    マーケットスピード利用料1年間無料

2017年12月末の楽天の株主優待制度です。変更の可能性などもありますので、最新情報は楽天の公式サイト内の株主優待制度のページをご確認ください。

※「優待の権利日の株主にこれを贈ります」と決めている他社の株主優待と違い、楽天の場合は「2017年12月末の株主にはこの優待にしました」という表記のため、変更される可能性は高いです。

楽天は日本最大のオンライン通販企業

楽天で有名な事業としては、日本国内では最大級のインターネットショッピングモールである楽天市場があります。 また、総合旅行サイトである楽天トラベルも有名でしょうか。
他にも、ポータルサイトであるインフォシークの運営も楽天が行っています。

楽天は2000年にジャスダックへと上場をして以降、積極的にM&Aを活用して事業拡大を行っている企業であり、現在では楽天グループと呼ばれるようにグループを形成しています。
楽天株式会社は楽天グループの中核企業であると言えます。

楽天グループは大きく分けると7つの事業に分類することが出来ます。

  • 楽天市場などを本体とするEC事業
  • 楽天カードのクレジットカード事業
  • 楽天銀行の銀行事業
  • インフォシークなどのポータルメディア事業
  • 楽天トラベルの旅行事業
  • 楽天証券の証券取引事業
  • 楽天ゴールデンイーグルスなどのプロスポーツ事業・・・などがあります。

楽天の進撃

創業は1997年であり、当時は株式会社エム・ディー・エムと社名であり、同年5月に楽天市場が開設されています。
1999年に称号を楽天株式会社に変更しており、同年、9月にはインターネットオークション事業である楽天フリマを開設しています。
その後は、インフォシークを買収するなどをして事業を大きくしていきます。

2004年には、株式会社楽天野球団を設立しており、プロ野球へと参入しています。
近年では電子書籍リーダーであるコボを販売したり、楽天社内での公用語を英語化することなどが大きく取り上げられました。

楽天関連サイト

有名な商品やサービス等

シェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

   にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ   ブログランキング