NTTドコモ(docomo)の株を買おう

NTTドコモは携帯電話などの無線通信サービスを提供している企業です。
日本の移動体通信事業の中では最大手の規模を誇っており、日本電信電話株式会社(NTT)の特定子会社となっており、NTTと通して日本政府が株式の20%ほどを所有している会社になります。

NTTドコモの株価

NTTドコモの株価は証券会社やYahoo!ファイナンス等で確認できます。
NTTドコモ(docomo)の株価コードは「9437」です。

NTTドコモの株主優待

NTTドコモの株主優待は、2013年10月15日時点では行われていません。

NTTドコモの成り立ち

NTTドコモの起源としては、1968年に日本電信電話公社が移動体通信サービスの始まりである、ポケットベルを開始したことにあります。

日本電信電話公社が民営化された後の1990年になって、日本政府からの措置として日本電信電話株式会社から移動通信事業の分社化が決定されたことがNTTドコモの始まりになります。

実際に分社化されたのは1993年のことで、NTTドコモのブランド名でサービスを開始しました。
ちなみにdocomoの名称は積極的で豊かなコミュニケーションと言うことでつけられたdo communications over the mobile networkの頭文字を取ったものになります。
2008年以降には、各地域になった各会社を合併して、日本全国1社の体制で営業しています。

現在、NTTドコモが行っているサービスとしては、第3世代通信システムであるFOMA、LTEを用いたXiなどを中心とした携帯電話事業を行っています。
かつては、PHSサービスなども行っていましたが、2008年にサービスを終了しています。

国内最大の携帯キャリア

2013年現在では国内の携帯電話市場におけるシェアは一位となっており、携帯電話契約数はおよそ6200万件の契約になります。

NTTドコモの名を一躍有名にしたのは、1999年に開始したサービスのiモードです。
このiモードのサービスが爆発的にヒットしたことから、市場占有率を高める結果になりました。
通信方式としては、第2世代と呼ばれるmovaからFOMAへの移行もあり、現在ではFOMAからLTEへとハイスピードなネットワークを形成しています。

携帯電話事業を行っている他社と比較すると、料金プランや端末価格が高額であると言うイメージもありますが、安定した通信などのサービス面での評価は高いものがあります。

NTTドコモ(docomo)関連サイト

有名な商品やサービス、店舗一覧等

シェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

   にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ   ブログランキング