楽天の株を買おう

楽天は楽天ショップや楽天ブックス、楽天トラベル、楽天銀行や楽天カード、楽天スーパーポイントなどで有名なインターネット総合サービスを提供している会社です。

ネット証券会社の楽天証券もありますね。

基本的に、楽天が行っているサービスを利用するには、楽天グループの会員になる必要があり、会員には無料で登録することが出来ます。 「楽天の株を買おう」の続きを読む…

日立製作所(HITACHI)の株を買おう

日立製作所は、日本でも最大の総合電機メーカーになります。
重電5社の一角とも呼ばれており、通称は日立、HITACHIと呼ばれています。
特に、創業された土地でもある茨城県日立市では、行政機関の日立市など、他の日立グループとの区別を明確にする為に、日製とも呼ばれることがあります。 「日立製作所(HITACHI)の株を買おう」の続きを読む…

東京ガスの株を買おう

東京ガス株式会社は、東京都の都市部と隣接している地域を営業区域としている一般ガス事業社となります。
総延長6万キロとも言われるガス導管を持っており、日本国内でも最大手となるガス事業社となり、都市ガスの事業者としては世界中で最大規模の企業であると言えます。

通常は東京ガス株式会社と表記されることになりますが、自社が発行するものでも東京ガスと表記されています。広告などのロゴマークではTOKYO GASと表記されることが多くなっています。 「東京ガスの株を買おう」の続きを読む…

東京電力の株を買おう

東京電力株式会社は、首都圏である1都7県の地域に対して、独占的に事業地域としている電力会社になります。
1都7県とは、群馬県、栃木県、埼玉県、千葉県、茨城県、東京都、神奈川県、山梨県を指しており、これ以外には、静岡県の富士川以東の地域を担当しています。

略称としては東電、若しくは、TEPCOが用いられています。 「東京電力の株を買おう」の続きを読む…

KDDI(au)の株を買おう

KDDIは日本の大手電気通信事業社です。
2000年にDDIである第二電電、KDD、日本移動通信であるIDOが合併したことによって、株式会社KDDIが発足しました。

NTTにおける最大のライバル企業であると認知されているKDDIですが、事実上はNTTの同根の企業であるとも言え、携帯電話事業においてはシェア2位を誇っています。 「KDDI(au)の株を買おう」の続きを読む…

ソフトバンク(softbank)の株を買おう

ソフトバンクは、日本での携帯電話などの無線通信サービスを提供している会社になります。
日本では大手の移動体通信事業社でもあり、正式にはソフトバンクモバイル株式会社と言います。 ブランド名としてはSoftBankとなります。

ソフトバンクと言えば孫正義社長が有名です。孫社長が好きだからソフトバンク株や関連のヤフーの株を昔から持っていたという方は多く、昔からソフトバンク株やヤフー株を持っていた方はかなり株価が上がり、個人で億単位で儲けた人もいます。 「ソフトバンク(softbank)の株を買おう」の続きを読む…

NTTドコモ(docomo)の株を買おう

NTTドコモは携帯電話などの無線通信サービスを提供している企業です。
日本の移動体通信事業の中では最大手の規模を誇っており、日本電信電話株式会社(NTT)の特定子会社となっており、NTTと通して日本政府が株式の20%ほどを所有している会社になります。 「NTTドコモ(docomo)の株を買おう」の続きを読む…

日本電信電話(NTT)の株を買おう

日本電信電話株式会社とは、日本の通信事業では最大手になるNTTグループの持ち株会社となっています。
ちなみにNTTとしての名の方が知名度が高いのですが、NTTは略称であり、Nippon Telegraph Telephone Corporationの頭文字を取ったものになります。

日本電信電話株式会社に関する法律と言う法律があり、この法律によって東日本電信電話株式会社と西日本電信電話株式会社と別れています。 「日本電信電話(NTT)の株を買おう」の続きを読む…