リバース注文の使い方

current palettes - 無料写真検索fotoq
photo by Julie Paradise1

近年はリバース注文を行いながら株取引をする人が多くなっています。

リバースと言うのは繰り返しと言った意味や行き来すると言った意味となります。

このリバース注文の使い方としては、一つの株に対して、いくら以上になったら買い注文、
利益を確定せるための金額はいくら、更に損切りするのはいくら、などと言った設定を行い、
希望している株価が設定した金額になった際には買い注文を出し、更に購入した株が利益確定の金額まで上がった場合、売り注文に出すと言った方法になります。

自分のためにもリバース注文で細かく設定しておこう

リバース注文を使わずに株取引を行っていくのであれば、常に株価のチャートをチェックしていなくてはなりませんので睡眠時間が削られてしまったり、
仕事中にそわそわしてしまったりするような事がありますが、リバース注文の使い方を知っておく事により、いつでも安心していられるのではないでしょうか。

また株取引を行っていく上で、例えば自分が気に入っている会社の銘柄の株や、反対にあまり好きでは無い株の銘柄の株価等になると個人的な感情が入り込んでしまいがちです。
そうすると損切りのタイミングや買い注文のタイミングを逃してしまう場合があるのですが、
リバース注文を使う事で、こうした感情に惑わされずしっかりと利益を出すことに繋がっていきます。

株取引を行っていく中でシビアな判断はとても重要なものになりますので、リバース注文の使い方をしっかりと把握し、自分の個人的な感情とはまったく別の部分で利益を上げられる事が可能なようにしていきましょう。

実際にリバース注文を使うようになってから利益が増え損失を減らす事が出来たと言う人が沢山いるようです。

参考:リバース注文の使い方

シェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

   にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ   ブログランキング