野村ネット&コールのホームページはここを見よう

野村ネット&コールは野村證券におけるオンライン取引専用のサービスです。その名の通りに野村證券の一部門と言っても良く、野村ホームトレードよりも充実したオンライン取引をするための部署です。

「ネット&コール」の名の通りにインターネット取引と電話によるサポートに特化したサービスです。

野村ネット&コールのホームページのチェックポイント

野村ネット&コールのホームページ野村ネット&コールのホームページですが、実は専用のものはログインするしかありません。

基本的には上で書いたように野村證券が行っているサービスの1つなので、野村證券のホームページ内に詳細が書かれたページがあります。そのページについてはシンプルながらも、特徴がしっかりと伝わるような構成になっているので、過不足を感じることはないでしょう。

野村證券と野村ネット&コールの取引の違い

野村證券での取引については担当者から市場の分析など細かな情報提供を受けることができるのですが、野村ネット&コールではそうした情報の収集や分析は自分で行うことになります。その分、野村證券よりも取引手数料が安価に抑えられているのが特徴です。

ネット取引をするこに特化した野村ネット&コールの取引画面は非常に見やすいと評判になっていて、発注画面もとてもわかりやすい作られています。

また、自分が気になる銘柄を最大で100銘柄まで登録できるウォッチリストを作ることができるので、情報確認や取得がとてもしやすいです。ウォッチリスト専用の発注画面もついていますので、そこからすぐに発注をかけることができ、とてもスピーディーな取引が可能です。

アプリや取引ツールの機能が充実しています

野村ネット&コールではモバイル端末向けの専用アプリが充実しているのも見逃せません。各種市場の値動きやニュース、チャートや口座管理などを素早く行うことができるので、仕事の昼休みにスマートフォンから情報をチェックすることもできます。

野村ネット&コールでは取引ツールも準備されており、その高機能さは有用だと評判です。パソコンにダウンロードして使うタイプなのですが、取引ツール単体で取引や口座管理などをすることができ、様々な金融商品に対応しているので、初級者から上級者まで満足できるでしょう。

野村證券のオンラインサービス体験版

野村證券のホームページではオンラインサービス体験版と言って、実際に口座を作った場合の取引画面などを体験することができます。実際の取引で使うものと同じシステムを体験することができるので、初心者の人にとっては心強いサービスです。

仮に解らないことがあったとしても、カスタマーサポートとして電話で教えてもらうことができますし、投資信託の相談などにものってもらうことができるので安心です。

野村ネット&コールの手数料は高い?安い?

野村ネット&コールの手数料は株式の現物取引の最低手数料で150円(税込)、100万円の株を買った場合の手数料で1029円(税込)となります。※2018年6月時点の手数料です。

■国内株式(現物取引)の最低手数料(税込)の比較

  • 野村ネット&コールでのインターネット取引・・・150円
  • 野村ネット&コールでの電話取引・・・1,954円

■国内株式(現物取引)で100万円の株を買ったときの手数料(税込)の比較

  • 野村ネット&コールでのインターネット取引・・・1,029円
  • 野村ネット&コールでの電話取引・・・7,509円

参考:野村ネット&コールの手数料(野村證券)

ネット証券の中ではもっと手数料のやすいところがたくさんありますが、野村證券の本支店での取引に比べると野村ネット&コールの手数料はかなり安いです。

参考:ネット証券の手数料比較(i-株.com)

野村證券の関連記事

シェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

   にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ   ブログランキング