5.手数料は必ずチェック

何回も話には出てくる「手数料」ですがあなたの利益にとても影響してくる大切なことなのでここで、改めて復習します。

投資信託の手数料の種類には商品購入時に発生する「購入時手数料」と商品を持っている間に発生する「運用管理費」と商品を売却する時に発生する「信託財産留保額」の3つでしたね。

手数料について忘れた人はこちらでもう一度見てください

ただし、最近では購入時手数料を無料にした「ノーロード」という仕組みを売りにした投資信託も登場しています。
しかし購入時手数料をなくした分、運用管理費用の価格が高くなったりしている可能性もありますのでパンフレットなどですべての手数料の有無とその利率を確認して吟味しましょう。

販売会社によって手数料の利率はバラバラ

また各手数料は販売会社や商品によってバラバラです。その理由は、手数料が手間賃として考えられているからです。

銀行などの投資家(あなた)と直接会って商品を提供する対面型の販売会社では人件費や店舗の家賃などがかかるので購入時手数料が高くなります。
アクティブ型の投資信託(アクティブファンド)の商品は、ファンドマネージャーが優秀な運用チームを結成するために人材を集めることになるので運用管理費用が高くなります。

他にもいろいろな要因で手数料が高い投資信託もあるので、手数料が高すぎると思ったら、敬遠することも大事です。

【手数料が安くなるパターン】

・ ネット型の販売会社から商品を購入
・ インデックス型の投資信託(インデックスファンド)
・ ノーロード型の投資信託

【手数料が高くなるパターン】

・ 対面型の販売会社からの商品を購入
・ アクティブ型の投資信託(アクティブファンド)
・ 海外投資型の投資信託

最後にもう1つ運用をうまくいかせるポイントとして、商品の売買のタイミングを意識しましょう。1万円利益が出たから売ったら、翌日にはさらに利益が出ていてもったいなかった。などのことがないようにとても重要なことになります。
では次のページを見てみましょう

>>6.投資信託の売買のタイミングは冷静に