利益ってどうやったら出るの?

投資信託の仕組みについて理解できたら次は実際に投資信託で利益を出す方法について知らなければなりません。

ここでは投資信託で利益を得るための方法として「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」の二種類を説明します。

差額で利益を出すキャピタルゲイン

まず「キャピタルゲイン」とは投資信託を購入した時の値段と、売った時の値段の差額から得られる利益で「値上がり益」とも言います。
その差額に持っていた投資信託の口数を掛けると利益の総額が算出されます。

例えば1万口、1万円の商品があったとします。それを2万口、2万円購入したとします。そして購入した商品の価値が1万円から1万1000円に上がったところで売りました。すると

11,000(円)− 10,000(円)= 1,000(円)

つまり1万口当たり1,000円の利益が出たことになります。
そして1万口ではなく倍の2万口を購入しているので、

1, 000(円)× 2 = 2,000(円)

2, 000円のキャピタルゲインを得ることになります。

ただし、購入した時点から価値が上がってないとキャピタルゲインは得られません。もし逆に価値が下がっていればそれは「キャピタルロス」といい損失になってしまいますので気をつけましょう。

所持するだけで利益が出るインカムゲイン

次はインカムゲインについてです。
インカムゲインは商品を購入して解約や売却をしないで持ち続けている限り、商品の価値に関係なく投資信託から定期的にあなたに支払われるお金(分配金)で得られる利益のことです。
1万口当たりの分配金に、持っている投資信託の口数を掛けると利益の総額が算出できます。

例えば、1万口あたりの分配金が月に1,000円の商品を2万口で購入した場合

1, 000(円)× 2 =2,000(円)

持っている限り月に2,000円の利益が得られることになります。

またインカムゲインは、分配金が最低でも0だということを知っておいてください。0だと利益にはなりませんが損失でもありません。この点がキャピタルゲインとは大きく違うところでしょう。

さて、キャピタルゲインは商品を売ったらお金がすぐに口座に入ってきます。しかしインカムゲインは購入した商品をもっている限りお金が入ってくると言っていますが、毎日お金が口座に入金されるわけではありません。ではどのタイミングでお金がはいってくるのでしょうか?次を見てみましょう。

>>1.分配金はいつ手元に入金されるの?