1.分配金はいつ手元に入金されるの?

キャピタルゲインは購入した商品を売った時点でその差額がプラスならすぐに投資家の手元にお金が入ってきます。しかしインカムゲインの分配金は違います。では分配金はどのような流れでもらうことが出来るのでしょうか?

インカムゲインの分配金はいつ入金されるの?

あなたも仕事をしたことがあるのでしたら「決算」という言葉を聞いたことがあるとおもいます。実は、投資信託の運用会社と管理会社にも「決算」があります。そして決算日時点の資産の中身や財務の状況を明らかにして、会社はその収益の中から投資家(あなた)に分配金を支払います。
つまり、決算の間隔こそ分配金がもらえる間隔になるわけです。
ただし、投資信託は収益が出なければ分配金を出さないのが一般的なので注意しましょう。

ちなみに「決算」というと一般的には原則1年に1回です。
では分配金が支払われるのも1年に1回かというとそうではありません。

投資信託の決算は1年に1回だけではない

投資信託の決算は1年に1回の他にも、半年(6ヶ月)に1回のもあれば、隔月(2ヶ月)に1回、毎月決済のものまでいろいろありますので目的に合わせて決済頻度をうまく選びことが重要になってきます。

【決算頻度の特徴】

1年・・・利益が安定するので長期投資に向いている
半年(6ヶ月)・・・価値の変動が大きい商品の利益上昇分を分配金として狙いたい場合に向いている
隔月(2ヶ月)・・・分配金が2ヶ月ごとにもらえるので投資の修正ができやすい。
毎月・・・毎月もらえるのでお小遣い代わりになります。ただし分配金を出し過ぎて商品自体の価値が下がる危険性がある。

分配金がいつ入ってくるかは、商品の購入時に知ることが出来るので、ぜひいつ入金されるかもチェックしながら商品選びをしてみましょう。
また、分配金にはただそのまま受け取る他にも分配金を使ってさらに利益を出す方法もあります。それについては次でお話します。

>>2.分配金をつかってさらに利益を出す方法