調子のいい商品を購入して放っておいたら、いつのまにか価値が下がっていた

Aさんは価値が毎月上がって今後も持っておくと利益になりそうな商品を見つけ、情報収集や検討をせずに購入しました。
その後、仕事が忙しくてろくに運用結果を見ていなかったAさんは、半年後に商品の価値をチェックしました。
すると価値は上がっているところかどんどん価値が下がっており、今売れば大きな損になることがわかりました。

以下の事例からわかる初心者の失敗パターン

① じっくり商品を選ばずに調子がいいという理由だけで商品を購入してしまった。

② 商品を購入した後に定期的に価値がどうなったのか確認をおろそかにしていた。

商品を購入した後にそのまま確認もせずに放っておいては、よい売りどきを逃すだけでなく、様々なリスクに対応できなくなるので利益をだす運用とは言えません。最低でも1ヶ月に1回は基準価格をチェックしましょう。