投資信託を始めるために

それでは投資信託を始めるにあたって、まずは投資信託の仕組みについてもっと詳しく学んでいきましょう!

まず投資信託とはプロがあなたの代わりに投資の運用を行なう「投資の代行業」です。

株や債券などは自分で経済の情報を集めたり勉強し、その知識をもとに投資や取引を行ないます。しかし、仕事が忙しくて取引する時間がない人や、株や債券の知識がなく自分で取引することが怖い人のためにプロの専門家があなたからお金を預かって投資や運用をすることを投資信託といます。

また投資信託であれば、投資の世界にある制約にとらわれなくなります。
例えば投資には時間の制約があり、平日の9時から15時の間までしか取引できません。投資の資金にも制約があり、100万円以上の資金を用意しないと買えない株が100以上もあります。
他にも海外の口座を開設するために面倒な手続きをしなければならないなどたくさんの制約に縛られることになります。

しかし、投資信託だとその制約に縛られないという大きなメリットがあります。
時間も制約がないので真夜中でも早朝でもいつでも購入することもできます。100万円以上の資金を用意しないと買えない株にも1万円で買えるようになります。投資信託を購入することで、個人で株や債券を運用するよりもたくさんのことができるようになるのです。

投資信託のメリットとデメリット

ただし、投資信託とはプロに仕事を任せることになるので代行料金ということで「手数料」が必ず発生するので覚えておきましょう。

【投資信託のメリット】

・ 1000円などの小額から投資できる
・ 分散投資ができるのでリスクを減らすことができる
・ 投資のプロに任せるので自分に知識や時間がなくても安心
・ 海外への投資など自分では投資できないところも投資できる

【投資信託のデメリット】

・ 手数料がかかる
・ 預金とは違うのでお金が減ってしまう可能性もある
・ 商品が良いものかどうかは自分で判断しなければならない

以上が投資信託のメリットとデメリットです。しっかり覚えておきましょう!

>>1.初心者には分散投資がおすすめ