【投資信託編2】投資信託のメリット・デメリット

今回は投資信託のメリットとデメリットについてお話します。

まずはメリットです。

メリットの1つめは小額から始められることです。

普通、投資にはある程度まとまったお金が必要になりますが
投資信託なら1万円から投資することができます。

メリットの2つめは、分散投資が出来る事です。

分散投資とは資産をいくつかに分けて効果的に投資をすることです。
これによりリスクの軽減が期待できます。

メリット3つめは、プロが運用していることです。

投資信託は経済や金融に関する知識を身につけた運用の専門家が
投資家に変わって運用します。
これによって高度な知識や情報を補うことが出来ます。

また毎日、取引費価格を公表しているので
自分で購入した投資信託の時価をいつでも知る事ができます。

【メリット】

・ 小額から始められる
・ 分散投資ができる
・ プロが運用

投資信託のデメリット

次にデメリットです。

投資信託のデメリットは元本保証ではないということです。

投資信託は値動きのある株式や債券などに投資をするため
利益を得られる場合もあるけれど、損をする場合もあるということです。

また、運用や管理などを専門家にお願いするためその費用がかかります。

【デメリット】

・ 元本保証ではない
・ 費用や管理などの費用がかかる

大切なのは投資信託の特徴をよく知ることです。