【投資信託編1】投資信託とは?

投資信託とは簡単に言うと、たくさんの投資家からお金を集めプロが運用をするしくみのことです。

投資信託を買う時に支払った申込金はまず販売会社が受け取ります。

販売会社とは「証券会社」、「銀行」、「保険会社」などのことで投資家との窓口になるところです。

次に集められた申込金を元に運用会社が運用を行ないます。

運用会社とは、運用担当者もしくはファンドマネージャーといったいわゆる運用のプロがいる会社です。

ここでは投資する企業の調査を行い、信託銀行に運用の指図を行ないます。

信託銀行は運用会社の運用指図に基づいて株式や債券などの売買を行ないます。

また信託銀行は、投資信託の資産を安全に保管・管理をする役割ももっています。

売買された商品の損益は信託銀行や運用会社を通じて分配金や償還金となって投資家に戻ってきます。

当然、運用がうまくいくことを期待して投資信託を利用するわけですが運用がうまくいかず損をする事もあることは覚えておきましょう。

このように投資信託は「販売」、「運用」、「保管」という機能がそれぞれの専門家によって分担され運営されています。

つまりプロの技と知恵を利用することが投資信託なのです。