株の始め方:資金はいくら必要なのか

株式投資を始める際の資金は、株を購入するだけなら数千円の資金から始める事も出来ます。株の金額は大小様々であり、数十万必要な株もあれば数万円で購入可能な株もあります。

少額で購入可能な株もある上に、ミニ株という10分の1の規模で購入できる取引もありますので株式投資を行う事は資金が少なくても可能です。投資信託という選択肢もありますし、毎月株式を買い足していく事も出来ますので、資金が1000円位からでも始める事が出来る事になります。

「株の始め方:資金はいくら必要なのか」の続きを読む…

株の執行条件付き注文とは?&注文のやり方

株の執行条件付き注文とは、株式の値段を指定して注文をする方法です。

その方法は逆指値、寄付、引け、不成、指値+逆指値の5つです。ただ証券会社によって執行条件付き注文が行えない場合もあります。その為口座開設前に執行条件付き注文でやりたい取引が可能かどうか、必ず確認しましょう。

株の執行条件付き注文の方法

株の執行条件付き注文の方法として逆指値の場合は株価が指定した価格以上になれば買い、指定した価格以下になれば売り注文を行います。

引けは立会時間の最後の売買の事を差し、前場引け条件注文では前場が終わった時点の引けの時のみ有効な注文となります。

「株の執行条件付き注文とは?&注文のやり方」の続きを読む…

株を始めるために必要なパソコンのスペックは?

株取引は現在ネットを使用した取引が主流になっています。その為、円滑に取引を行う為にはネットが必要な環境と適正なパソコンが必要になります。パソコンの性能は様々でハイエンドモデルを買えば間違いはありません。必要以上のソフトも入っている場合もありますので取引に応じたパソコンを購入する事で株取引のストレスを減らす事が出来ます。

株取引必要なパソコンスペック

株取引を行う為には証券会社に口座開設を行い、その証券会社が提供するプログラムを使用します。これはインターネット上で可能なWEB版の他に専用のアプリを使用して行う取引など複数のタイプがあります。

「株を始めるために必要なパソコンのスペックは?」の続きを読む…

株の初心者が勉強をするときに読むべき本

株取引は知識の乏しい初心者が安定して利益を出す事が出来るものではありません。株取引の歴史は長く、知識から利益を得てきたトレーダーの考え方まで様々な本が販売されていますので、実際に資金を使う前に本での勉強はする必要があります。

初心者向けの株の本

投資の本は非常に多く販売されており、初心者向けの株取引本も多いです。その中でも一番売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門 改訂版など初心者向けで評価の高い本も数多くあります。

「株の初心者が勉強をするときに読むべき本」の続きを読む…

株の勉強会やセミナーってどこで参加できるの?申し込み方法は?

株について学ぶ方法は書籍で学ぶ他に、実践者や証券会社が主催している勉強会やセミナーに参加する方法があります。証券会社のセミナーは無料で開催している場合も多いですので、各証券会社のHPなど確認してみるのも良いかもしれません。

株のセミナーの参加方法

株のセミナーや勉強会は証券会社が主催している場合が多く、オンラインでのWEBセミナーという方法もあります。証券会社では無料である場合が多いのですが、学校として学ぶ場を提供している場合もあります。この場合は勉強会の費用は有料であり費用がある程度かかる場合が多いです。

「株の勉強会やセミナーってどこで参加できるの?申し込み方法は?」の続きを読む…

株取引の寄り付きって何?どんな注意点がある?

株取引の寄り付きとは取引が開始された時点での取引の事で、これは午前と午後、いわゆる前場と後場の二回あり取引開始前に注文をする事で寄り付きで買う事が出来ます。

また寄り付き時の価格は予想出来ませんので、指値ではなく成行注文です。取引開始前に成行注文を出す事が寄り付き価格で買う方法です。

株取引の寄り付きリスク

株取引を行う場合開始直後は値動きが最も激しい時期です。特に週明けなど時間が空いている場合経済イベントが発生する事もあり、その影響で株価は大きく変化します。その為、寄り付きで購入する場合値動きの激しいタイミングでの購入になる事になります。

「株取引の寄り付きって何?どんな注意点がある?」の続きを読む…

株の指値注文が向いている相場やタイミングと成行注文が向いている相場やタイミング

株の指値注文とは希望の額を指定し注文を出す方法であり売り手の額と合わなければ成立しない注文方法です。

一方、成行注文は金額指定がないので注文が成立しやすいですが、予想外の高値での成立になる場合もあり、早く買いたい場合に向いている注文方法です。相場が上向きであり、しばらくはその流れが継続する場合は有効な取引方法です。

株の成行注文や指値注文が向いているタイミング

指値注文は株価を指定しての取引になりますので、希望額で購入できるメリットがある反面、必ず購入出来るわけではありません。その額でなければ買いたくない」そういった場合に有効な取引方法ですので相場が安定している時こそ活用したい方法です。

「株の指値注文が向いている相場やタイミングと成行注文が向いている相場やタイミング」の続きを読む…

株式の税金:所得税はとられるの?

株式で配当金や売買により利益を得た場合、税金の支払いが必要になります。売買益では所得税が15%、住民税5%がさらに加わり全部で20%ほどが税金で取られる事になります。株の配当金に関しても同様で利益の20%ほど税金を支払う仕組みになっています。

株式の利益が20万円以下なら税金は支払わない

株式の税金は一時軽減されている時期がありましたが、今は一律20%となっています。ただ株の場合も利益が年間20万円以上でなければ確定申告の際に申告の義務はありませんので、税金の支払いもない事になります。とはいえ申告してはいけないわけでない為、申告した場合利益に応じた税金が請求されます。

「株式の税金:所得税はとられるの?」の続きを読む…

株のスクリーニングでおすすめの条件

株のスクリーニングとは時価総額や配当利回り、PER(株価収益率)に売上高など数多くの指標条件を入力する事で、良い条件の銘柄を探す方法の事です。

上場企業が数多くある中、良い条件の企業を探す基本の方法であり、全ての証券会社でこのサービスは提供されています。

株のスクリーニングでおすすめな条件の重要指標

株のスクリーニングで最も重要な指標の一つにPER(株価収益率)があります。この値は低いほどお買い得の数字になります。

「株のスクリーニングでおすすめの条件」の続きを読む…

日本郵政・ゆうちょ銀行・かんぽ生命の株の買い方や株価など

日本郵政の上場が11月に決定し話題になっていますね。今回は日本郵政グループの「日本郵政」「ゆうちょ銀行」「かんぽ生命」の株を買う方法を解説します。

日本郵政の株を買うには、大きく分けて2つの方法があります。上場日の11月4日の前に買う(IPOの抽選に参加する)方法と、11月4日の上場後に買う(通常の売買で買う)方法です。

上場前に買う場合、つまりIPO で日本郵政の株を買う場合は、上場日の少し前に抽選に参加する必要があります。 「日本郵政・ゆうちょ銀行・かんぽ生命の株の買い方や株価など」の続きを読む…