三菱商事の株を買おう

三菱商事は三菱グループでの総合商社という位置づけの企業です。
いわゆる5大商社の一角であり、三井物産、伊藤忠商事、住友商事、丸紅とならぶ日本を代表する総合商社となります。
また、三菱東京UFJ銀行、三菱重工とならぶ三菱グループの御三家とも呼ばれています。

三菱商事の株価

三菱商事の株価は証券会社やYahoo!ファイナンス等で確認できます。
三菱商事の株価コードは「8058」です。

三菱商事の株主優待

2013年10月15日時点では、三菱商事の株主優待制度はありません。

幕末から受け継がれる三菱の屋号

三菱グループの歴史は古く、日本で初めての株式会社と言われている海援隊が始まりとされており、海援隊と言えば坂本龍馬が作ったことで有名です。

この海援隊ですが、近江屋事件で坂本龍馬が暗殺された後に、坂本龍馬と同郷であった土佐藩の後藤象二郎にゆだねられ、その後に岩崎弥太郎に受け継がれていきました。 岩崎弥太郎から九十九商会となり、その企業の流れを汲んでいます。 九十九商会は後に三菱商会、三菱蒸気船会社、三菱社としての変遷をしていくことになります。

岩崎小弥太が確率した三菱の経営理念はいまも受け継がれており、所期奉公、処事光明、立業貿易の3つです。

1918年になって総合商社である三菱商事は独立しており、5大商社の中でもトップの業績を誇っています。 そもそもは貿易仲介を中心としたビジネスが中心だったのですが、現在では資源開発への投資、食品流通の構築、などのように様々な経営に参画し、収益の拡大を続けています。

海外戦略も積極的な展開

三菱商事では様々なプロジェクトを展開しており、産学官連携プロジェクトとしては、2005年にサンゴ礁保全プロジェクトをスタートしていたり、海外プロジェクト探検隊を行っており、三菱商事が海外で展開しているプロジェクト現場に高校性を派遣することで、現場ではどのようなことが行われているのか、などをリポートしてもらう体験ツアーを行っています。

第一回はブルネイ、第二回はタイ王国、などのように継続して行われており、現在は2013年8月に行われた第10回でジャカルタに訪れています。

三菱商事の関連会社

三菱商事の関連会社としては、コカ・コーラセントラルジャパン、ローソン、日清オイリオグループ、などがあります。

三菱商事の関連サイト

有名な商品やサービス、事業

シェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

   にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ   ブログランキング