東京電力の株を買おう

東京電力株式会社は、首都圏である1都7県の地域に対して、独占的に事業地域としている電力会社になります。
1都7県とは、群馬県、栃木県、埼玉県、千葉県、茨城県、東京都、神奈川県、山梨県を指しており、これ以外には、静岡県の富士川以東の地域を担当しています。

略称としては東電、若しくは、TEPCOが用いられています。

現在では、福島第一原子力発電所の事故の復旧、賠償のために日本政府による公的資金が注入されており、原子力損害賠償支援機構が大株主となっています。
また、公的管理下に入って、経営再建を目指すことになりました。

東京電力の株価

東京電力の株価は証券会社やYahoo!ファイナンス等で確認できます。
東京電力の株価コードは「9501」です。

東京電力の株主優待

東京電力の株主優待制度は、2013年10月15日時点では行われておりません。

東京電力の歴史をひもとく

東京電力の歴史は古く、1883年に設立された東京電燈が始まりとされています。
その後、大日本帝国によって第二次世界大戦の直前に日本発送電の管轄となり、1941年には首都圏における送電事業は関東配電に移管されることになりました。
太平洋戦争の終結後にはGHQによる再編命令があり、関東配電の営業地域を引き継ぐ形で、東京電力は発足します。

1951年に設立されて移行、現在まで東京電力の事業地域内には自社が保有する原子力発電所を置いていない電力会社としても知られており、福島、新潟、青森などにある原子力発電所はいずれも東北電力の事業地域となります。

東京電力の保有する原子力発電所

東日本大震災以降、何かと注目を集めている原子力発電所ですが、東京電力では3箇所の発電所と1箇所の建設途中のものを所有しています。
東通原子力発電所は青森県、下北郡で建設中となっていますが、1号機は工事中止となっており、2号機は計画のみで建設は未定となっています。

現在、焦点のあてられている原子力発電所としては、福島第一原子力発電所、福島第二原子力発電所、柏崎刈羽原子力発電所の3つがあります。
福島第一原子力発電所は、東日本大震災、これにかかる福島第一原子力発電所の事故によって、全号停止となっています。
福島第二原子力発電所は、東日本大震災によって全号停止。
柏崎刈羽原子力発電所は、新潟中越沖地震によって2号機3号機4号機の発電は停止しています。

東京電力の関連サイト

有名な商品やサービス、店舗一覧等

シェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

   にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ   ブログランキング