武田薬品工業の株を買おう

武田薬品工業は、日本の製薬会社であり、タケダ、武田薬品とも呼ばれることがあります。
日本の医薬品企業としては売上高1位を誇っており、世界の医薬品企業としては12の売上を持っている会社となります。
国内4大医薬品メーカーの1つとも呼ばれており、他の医薬品メーカーとしてはアステラス製薬、第一三共、エーザイ、があります。

利益率も高く、医療用医薬品の売上げが売上高の9割を占めている企業であり、糖尿病治療剤、高血圧治療剤などの製品が主力製品となっています。

武田薬品工業の株価

武田薬品工業の株価は証券会社やYahoo!ファイナンス等で確認できます。
武田薬品工業の株価コードは「4502」です。

武田薬品工業の株主優待

2013年10月15日時点での武田薬品工業の株主優待制度はありません。

老舗の製薬会社

創業は1781年と古く、大阪の道修町にある薬種仲買商であった近江屋喜助の下で奉公した長兵衛がのれん分けによって独立したのが始まりだとされています。
1781年の開業以来、現在に至るまで本社を置いている大阪市中央区の道修町に店を構えていることでも有名です。

当主は代々長兵衛を襲名しており、近江屋長兵衛として薬種問屋を営んできたのですが、四代目から武田姓を名乗るようになっています。

1895年には大阪に自社工場を設立しており、製薬事業を開始しています。
現在でも有名な製品としては痔疾用の薬であるボラギノールがありますが、こちらは1921年に販売が開始されています。

1943年に入り、武田薬品工業株式会社に社名を変更し、1949年には大阪証券取引所、東京証券取引所の第一部に上場しています。

1950年には、日本初となる総合ビタミン剤であるパンビタンが発売されており、現在でも有名なアリナミンは1954年の発売となります。

武田薬品のヒット商品

一般医薬品として有名なものとしては、アリナミンシリーズハイシーシリーズベンザ滋養液などがあります。

風邪薬としてベンザシリーズが有名でしょうか。
胃腸薬としてはビオフェルミンが有名な製品となります。
禁煙補助剤としてニコレットシリーズなども有名です。

武田薬品工業の関連サイト

有名な商品やサービス等

シェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

   にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ   ブログランキング