高島屋の株を買おう!株価や株主優待の内容など

高島屋は国内でも歴史のある老舗百貨店として知られており、大阪や東京を中心の主要都市に出店している百貨店です。

他社の百貨店では経営統合によって再編されている店舗が多い中で、他社との業務提携に留まり現在でも独立して経営を続けています。 国内には19店舗、海外に3店舗を有しており、幅広い顧客層から支持を得ています。(2017年10月15日時点)

高島屋は東証1部に上場しており、2月末日決算、単元株数1000株となっています。

高島屋の株価

高島屋の株価は証券会社やYahoo!ファイナンス等で確認できます。高島屋の株価コードは「8233」です。

高島屋の株主優待

高島屋の株主優待は2月末日、8月31日現在で1000株以上を所有している株主に対して「株主様ご優待カード」が発行されます。(2017年10月15日時点)

株主様ご優待カードは高島屋の対象商品のお買い物から10%割引されますのでとてもお得です。また、高島屋文化催に無料で入場できる特典もあります。

優待カードは株主本人と、国内に居住する家族のみが利用できます。(※日本人の場合は「本人と家族が使える」と思っておいていいと思います。昔はこんな記述はなかったのですが、中国人が「免税+優待」を利用しようといろいろやって対策されたんでしょう)

対象外の品目や対象外のブランドなどは公式サイトをご確認ください。

高島屋の株の買い方

高島屋の証券コードは「8233」です。証券会社やネット証券で証券コード8233の株を購入します。証券コードを覚えなくても「高島屋」などで検索しても出てきますが、覚えてしまえば検索しなくて済むので早いですね。

株の買い方の細かい手順は株の買い方・購入方法の手順を参考にして下さい。

 おすすめ 初心者におすすめのネット証券が2000円がもらえる口座開設キャンペーンをやっています。

百貨店事業だけで無く多岐にわたる展開

百貨店業以外には本格的な郊外型ショッピングセンターの開発にあたる東新開発の株主となっており、日本の中でも代表的なショッピングセンターに成長させています。
クレジットカードの「タカシマヤカード」を発行している高島屋クレジットも子会社のひとつです。

「タカシマヤ友の会ローズサークル」では、毎月一定額を12ヶ月積立することで、12ヶ月後になると1ヶ月分の積立金額が加えられて会員証カードが発行され、お買い物が楽しめるというサービスも提供しています。
お得にお買い物ができるだけでなく、優待価格で提携施設を利用できたり、カルチャー教室に参加できるなどの特典があるので多くの方が愛用しています。

他にも通信販売が利用できる高島屋オンラインストアや、様々な保険商品を取り扱う高島屋保険なども運営しています。

高島屋の経営理念とは

高島屋の経営理念である「いつも、人から。」に込められた思いには、企業活動を通じて社会貢献をしてお客様の心に残るおもてなしをすることを目標としています。
他店との競合に負けることのない独自の強みを発揮させて新しい高品質なサービスを提供してグループ全体のブランド価値を高めることを目標としています。

高島屋関連サイト

商品やサービス、店舗一覧等

シェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

   にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ   ブログランキング