丸善CHIホールディングス(ジュンク堂書店)の株を買おう

丸善CHIホールディングスは、丸善株式会社と株式会社図書館流通センターの経営統合により設立された会社となり、大日本印刷の子会社となります。
丸善CHIホールディングスにおける、CHIとはローマ字表記における知を意味しています。

丸善CHIホールディングスの主な事業としてはジュンク堂書店があります。

丸善CHIホールディングス(ジュンク堂書店)の株価

丸善CHIホールディングスの株価は証券会社やYahoo!ファイナンス等で確認できます。丸善CHIホールディングスの株価コードは「3159」です。

丸善CHIホールディングスの株主優待

丸善CHIホールディングスの株主優待としては、丸善及び、ジュンク堂書店で利用出来る商品が贈呈されることです。

保有している丸善CHIホールディングスの株数によって、商品券の額面が変わるようになっており、単元株数である100株ですと、1000円分の商品券が贈呈されます。 以降、500株、2000株、3000株、4000株、5000株以上となっており、それぞれに1000円ずつ額面が上がっていき、最高の5000株以上保有の場合は6000円分の商品券が贈呈されることになります。(2013年10月15日時点の情報です。最新情報は公式サイトの株主優待のページ参照)

ジュンク堂書店の成り立ち

ジュンク堂書店とは、兵庫県に本社がある大手の書店チェーン店であり、丸善CHIホールディングスの完全子会社でもあります。
ジュンク堂書店は、淳久堂書店やJUNKUDOと表記されることもあり、東京や大阪などにも巨大な店舗を持っていることから御存知の方も多いでしょう。

ジュンク堂書店の経営戦略としては充実した品揃え、と言ったことで統一されており、どの分野の書籍であっても満遍なく取りそろえられているのが大きな特徴です。
また、大型書店の基準と言われるのが売り場面積が500坪以上と言うことなのですが、ジュンク堂書店では梅田店、池袋本店が2000坪を超えるなど1000坪を超えるような売り場面積のある超大型の店舗が多いといったことが特徴になります。

ジュンク堂書店の名称は、ジュンク堂書店を起業した工藤恭孝の氏の父親である工藤淳氏の名前に由来しているとされています。

書店としてはジュンク堂書店をあげましたが、インターネット上でも通常書籍と電子書籍を販売するhontoを傘下にしており、シェアを拡大中だと言えます。
また丸善CHIホールディングスの売上のおよそ4割を占めているのが、文教市場販売事業であり、これは図書館や学校向けの書籍販売のことを指しています。

丸善CHIホールディングス関連サイト

丸善CHIホールディングス情報ページ

シェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

   にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ   ブログランキング
2013年10月26日 丸善CHIホールディングス(ジュンク堂書店)の株を買おう はコメントを受け付けていません。 身近な企業の株を買おう