投資信託に源泉徴収はあるの?

投資信託を購入したことで売却益や分配金を得たのであれば、税金を納めなければいけません。購入した商品のタイプによっても、差し引かれる税金の内容は変わりますので、複数の投資信託を運用している人は注意した方が良いでしょう。

また投資信託も株式投資と同じように、取引口座の種類によって源泉徴収のやり方が違ってきます。

まずはネット上から貴方専用の管理ページにログインするか、金融機関への問い合わせにより、取引している口座の種類を確認しましょう。場合によっては投資家自身で確定申告を行う必要がありますので、直前になって慌てないようにしてください。

「投資信託に源泉徴収はあるの?」の続きを読む…

投資信託の特別分配金会計処理とは

分配金の額が高い投資信託は、安全性を求めている投資家や高齢者に人気です。世界の高利回り株に投資していたりするため、基準価額の変動率も低く、安心して運用を続けられるからです。

ただし普通分配金と特別分配金の合計額を、一般的には分配金と呼びます。投資信託ならではの仕組みとなりますので、投資家として2つの違いを理解しておきましょう。

特別分配金会計処理とは

毎月50円の分配金が支払われる、基準価額10,000円の投資信託を1口購入したとします。1ヶ月後の分配金払戻時に基準価額が10,100円まで値上がりしていれば、ファンドは運用により100円ぶんの利益を得たことになります。

「投資信託の特別分配金会計処理とは」の続きを読む…