「配当利回り」は株価に対する配当金の割合

あなたは「配当」という言葉はご存知でしょうか?

配当とは、利益の一部を配当金という形で株主に還元する仕組みの事です。

自分の買った株に「どれくらいの配当金が付くのか」知りたいですよね?

そこで今回は「配当利回り」についてお話します。

株式の配当利回りの仕組み

配当利回りとは、株価に対する配当金の割合を示す指標です。

もう少し詳しく言うとその株価に対して、「年間で何%配当金がつくか」ということです。

配当利回りは

1株当たり年間配当金 ÷ 株価 × 100% = 配当利回り

で求められます。

例えば、A社の配当金が年10円で現在の株価が500円だった場合、

10円 ÷ 500円 × 100% = 2%

A社の配当利回りは2%となる訳です。

もちろん配当利回りを計算したときより株価が上昇すれば配当利回りは下がり、株価が下落すると配当利回りは上がります。

また、会社の業績によっては予想配当より少なくなるというリスクがあります。

当然、買ったときより株価が下がるリスクもあります。

ただ、配当金は株価上昇の値上がり益よりも確実性が高いために配当利回りを重視する投資家も少なくありません。

ここで大切なポイントは、投資をする時に年間配当金の予想の値を利用するということです。

いま投資したら今後いくらもらえそうか?
ということを確認するわけです。

では実際の配当利回りはどれくらいなのでしょうか?

代表的な市場、東京証券取引所の第1部の配当利回り分布では、配当利回り2%以上の会社が6割もあり魅力的な水準になっています。

「利回りで株式」という視点で銘柄選択をしてみてはいかがでしょうか

シェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

   にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ   ブログランキング
2014年12月29日 「配当利回り」は株価に対する配当金の割合 はコメントを受け付けていません。 株の用語基礎講座