そもそも投資信託って何?

投資信託とは一言でいえば投資の代行業です。

もっと詳しく説明すると、投資信託を始めると決めた投資家(あなた)たちが預けたお金を1つにまとめて、そのお金を専門家の人があなたの代わりに株や債券などに投資し、運用をしてくれる金融商品のことです。
その運用した結果、利益が出たらあなたたちの投資した金額に応じてお金が支払われます。

投資信託には利益は少ないがリスクも少ない商品から、大きな利益が得られる可能性はあるがリスクが高い商品まで様々な商品があり自由に選ぶことが出来ます。
また、投資信託の投資できる商品は1つではなくさまざまな商品をミックスして購入することが出来ます。

そのため1つの商品の取引が失敗してマイナスになってしまっても、他の商品の中の1つなので全体で見た結果への影響は少なく済みます。
効率的にリスクを分散させることができることこそ投資信託のメリットと言えるでしょう。

投資の種類と特徴

【株式】

ハイリスクハイリターン
株式会社が会社を運営するための資金を集める為に発行するもので、大きな収益に繋がる可能性があるかわりにまとまった資金も必要で失う可能性もあるのでリスクが高い。

【債券】

ローリスクローリターン
国や会社が活動資金を集めるために発行するもので、数万円から購入可能。安全性が高いかわりに利益も少ない。

【投資信託】

ハイリスクハイリターンとローリスクローリターンをミックス
株式のようなリスクは高いが大きな利益を得られる可能性がある商品や債券のようにリスクは低いが収益も少ない商品などバラエティが豊富で自由に選ぶことが出来る。

では、実際に投資信託ではどのくらいの利益が見込めるのでしょうか?今銀行に眠らせてある貯金を投資信託に変えるとどのくらい違うのか見てみましょう。

>> 1.銀行に預金するより投資信託のほうが儲かるの?