3.投資信託はいくらぐらいから始められるの?

投資信託の商品は基本的に最低1万円前後から購入することが出来ます。

投資信託設定時の価格は1口1円なのですが1万口単位で表すことが多いです。
その値段のことを「基準価格」といいます。
1口1円なのだから1円から買えるのではないか?と感じる方もいると思いますが、ほとんどの商品は1万口単位の基準価格が買う場合の最低金額に設定されます。

投資積立を使えば1万円以下から投資信託を始められる

ただし、最近では「投信積立」という積立額が1000円、500円といった少ない金額で投資信託を定期的に買っていくサービスも利用できるようになりました。
この「投信積立」は同じ金額でより多くの投資信託を複数に分けて購入することができるので、あなたの投資資金を複数の商品に分散させて投資をする「分散投資」の効果が出て、リスクを抑えることが出来ます。

分散投資とは、投資する商品を1つに絞らずに複数の商品に投資することです。

例えば100万円を商品Aだけにしか投資をしなかった場合、その商品Aの価値が0円になってしまったら100万円も0円になります。しかし100万円を商品Aと商品Bに50万円ずつ投資した場合、商品Aの価値が0円になっても商品Bの価値がまだ50万円なのでリスクが軽減できたと言えます。
このようにリスクを分散させて被害を軽減することを「分散投資」と言います。

このように投資信託はまとまったお金をもっていなくても1000円、500円といった少ない資金からでも手軽に始めることが出来るのが投資信託の人気の秘密です。しかし投資信託には他にも人気な理由があります。それは何なのか次で見ていきましょう。

>>3.投資信託が人気な理由