SBI証券(旧イートレード証券)をおすすめする理由

SBI証券は投資をしたことがない方でも名前を知っているほどネット証券会社の中では一番知名度の高い証券会社です。
SBI証券が人気な理由はなんといっても取り扱っている商品の豊富さです。ネット証券の中ではダントツの品揃えなので、自分の運用スタイルに合った商品選びをやりやすいことからSBI証券から投資信託を始める初心者も多いです。

取り扱っている商品が豊富

SBI証券では1525本以上もの商品を取り扱っています。
その中でも手数料が無料のノーロードファンドが476本、500円から投資できる積立買付ファンドが1438本以上あります。

業界最低水準の手数料

SBI証券では2つのプランが用意されており、そのプランによって手数料が変わってきますが業界屈指の格安手数料になっています。
1つ目のプランは、商品を注文する時の金額に応じて手数料が決まる「スタンダードプラン」です。こちらのプランは1注文の金額が10万円までなら税込み145円の手数料になります。
2つ目のプランは1日の間に注文した商品の合計金額に応じて手数料が決まる「アクティブプラン」です。こちらのプランは1日の合計金額が10万円までなら税込み100円の手数料になります。

スタンダードプラン 1回の注文代金 手数料
10万円 145円
20万円 194円
50万円 285円 NO1
100万円 511円 NO1
150万円 611円 NO1
3,000万円 967円 NO1
3,000万円以上 1,021円 NO1
アクティブプラン 1回の注文代金 手数料
10万円 100円
20万円 200円 NO1
30万円 300円 NO1
50万円 450円 NO1
100万円 800円 NO1

世界各国へも小額から投資

SBI証券が取り扱っている商品は何も国内の商品だけが豊富なわけではありません。もちろん海外の投資信託も充実しているので手軽に投資することができます。
投資先には、米国、ロシア、中国やインドネシアなどのアジアなど先進国から新興地まで幅広く用意されています。

いつでもすぐに入金できる

パソコンで投資信託の情報を見てて、買い時の商品を見つけたとしてもそこでもし預けてある資金が足りなかったらどんなに欲しくても買うことはできません。
しかしSBI証券では、みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行などの各連携銀行を使えばインターネットで即入金指示をする「即時入金サービス」を使うことが出来ます。
このサービスを使えば、欲しい商品を見つけた時に預けてある資金が足りなくてもすぐに銀行から振り込んで資金を増やすことができます。

無料で投資情報を提供

口座開設をすれば無料で「会社四季報」を読むことが出来ます。会社四季報とは、上場している企業の情報がすべて書いてある会社の辞典のようなものです。
この会社四季報を読むと、過去のチャート、特色、資本金、会社の抱えている借金、業績などが記載されているので今後どのような会社の株価が上昇するか予想するのに大変参考になります。
この会社四季報を読む為には、パソコンからSBI証券にログインして「四季報」というタブをクリックするだけで閲覧することが出来ます。

以上、SBI証券は知名度が高いだけあって利用者も多いので、もちろんサービスも充実しております。
SBI証券の口座開設方法はこちらのページでわかりやすく説明しています。

>>SBI証券の口座開設方法